Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFが開催するイベント・セミナーの案内、報告です。質問、関連情報などをAJF事務局に寄せていただけるとうれしいです


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
テーマから探す:
事業から探す:
活動内容から探す:

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジと三大感染症対策のシナジー構築を目指して
=「持続可能な開発目標」時代のアフリカ日本協議会の国際保健アドボカシー=


2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)が2016年から実施に移されます。この目標では、国際保健の課題は「あらゆる年代のすべての人に健康な生活を保障し、福利を増進する」とされ、より横断的なアプローチによる国際保健の実現が目指されています。

SDGsと、これまで進められてきた三大感染症対策をはじめとする特定課題・特定疾病への対策をどのように両立し、相乗効果を持たせて、「すべての人に健康を」という大きな目標に向けた力にしていくのか。これがミレニアム開発目標(MDGs)からSDGsに向けた移行期の課題となります。

私たち「アフリカ日本協議会」は、この遠大な取り組みに向けて、世界の市民社会と連携し、リーダーシップを発揮していく取り組みを10月後半から行っています。

10月24日〜28日には、アフリカやアジア、欧州を含む世界から20名を招聘し、日本政府がグローバルファンドへの拠出額を増やすための政策提言を行うため、ワークショップやシンポジウム等を開催しました。ここでは、その模様を紹介していきます。

10月24〜28日「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジと三大感染症のシナジーを求めて」集中アクション


  1. 国際保健ワークショップ「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジと三大感染症対策のシナジーを求めて」(10月26日)
    ※ ワークショップの成果文書
      「一人一人の健康を最優先に」(日)
      People's Health Comes First (英)

  2. 国際シンポジウム「新たな国際目標(2030アジェンダ)とエイズ・結核・マラリア〜日本から考える三大感染症の今後〜」(10月27日)

  3. 第6回アフリカ開発会議に関するアフリカ市民社会と日本市民社会の対話(10月25日)

  4. 保健分野で活動する国内NGOとのランチ意見交換会(10月27日)

本企画では以下の活動も行いました。

  1. グローバルファンド日本委員会・議員タスクフォースとの対話(10月27日)
  2. 武見敬三・参議院議員およびG7国際保健政策ワーキング・グループとの対話(10月27日)
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.