AJFの活動

TICAD前夜祭 ☆みんなのイベント
ロラケさんに聞こう!
エイズのこと、女性と子どもたちのこと。私たちになにができるの?
=アフリカと日本:市民社会の真のつながりに向けて 私たちにできること=

海外から招いた人々と一緒に考えます。


※イベントは修了しました。報告は近日中に掲載されます。

*イベントのチラシはこちら (PDFファイル)
*このイベントは、TICAD V パートナー事業です。

※ピーター・ピオット ロンドン大学熱帯医学校学長
 (野口英世アフリカ賞受賞者)も参加確定!


★6月1〜3日に横浜みなとみらいの「パシフィコ横浜」で開催されるTICAD V(第5回アフリカ開発会議)。(特活)アフリカ日本協議会では、この会議に市民の声を響かせようと、会議直前の5月31日、「TICAD前夜祭・みんなのイベント」を開催します。

★このイベントでは、西アフリカ・ナイジェリアでエイズに取り組む人々のリーダーとして活躍する女性活動家、ロラケ・オデトインボさんをゲストに、彼女の人生をかけたHIV/AIDSとの闘い、女性や社会的少数派と言われている人々の権利のための日々についてお話しして頂きます。ロラケさんがHIV/AIDS感染やその後の出産、仕事と育児との両立などを通して考えたこと、感じたこと、動いたこと、そして彼女の前に立ちはだかっている今のアフリカの問題などをざっくばらんにお話ししてくれます。

★ロラケさんは今から10年前、エイズに取り組む若手リーダーの一人として、2003年に来日し、TICAD IIIに向けたシンポジウムに参加しました。それから10年、彼女の人生はどう変化したでしょうか。ロラケさんの人生を通して、私たちがどうアフリカに向き合えるかを考えてみましょう。

★このシンポジウムに「野口英世アフリカ賞」をこのたび受賞するピーター・ピオットさん(ロンドン大学熱帯医学校学長、元国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長)の参加も確定しました。ピオットさんからも貴重な話を聞く機会です。また、南アフリカ共和国とウガンダでエイズに取り組む活動家もゲストにお呼びしています。この機会を逃さず、アフリカからの生の声に耳を傾けてみましょう!

【日時】2013年5月31日(金)18:30−20:45 (開場・受付18:15〜)
【場所】横浜市 開港記念会館1F講堂(住所:横浜市中区本町1丁目6番地)
 ・行き方:東急みなとみらい線「日本大通」駅1番出口下車すぐ
 ・地図:http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

※同施設はバリア・フリーですが、古い建物のため、車いす利用の方の入場入口は一般と異なります。車いすを利用されている方は当会事務局(担当:黒川、ajf.healthevent@gmail.com)までご連絡ください。

☆参加定員:200名
☆英→日通訳あり
【プログラム】

☆第一部 18:30−19:40
 ・開催挨拶:(特活)アフリカ日本協議会代表理事 林達雄
 ・基調報告:(特活)アフリカ日本協議会理事(国際保健ディレクター) 稲場雅紀
 ・特別スピーチ:野口英世アフリカ賞受賞者:ピーター・ピオットさん
 ・講演:モロラケ・オデトインボさん
  (ナイジェリア、「治療アクセスへのポジティブ・アクション」代表)

☆第二部 19:50‐21:00
 ・パネル・ディスカッション「エイズとの闘いは終わっていない」
  (登壇者:モロラケ・オデトインボさん、ルキア・コーネリアスさん(南アフリカ)、
  オリーブ・ムンバさん(タンザニア/マラウイ)、稲場雅紀 他)
 ・会場からの質問・コメント
 ・宣言と終了挨拶 (特活)アフリカ日本協議会代表理事 林達雄

お申込み方法

★お申込みは以下のページよりご登録お願いします。
 お申し込みフォーム:http://ow.ly/kG4RW

★なお、ご登録にお困りの際はこちらのメールアドレスまでご一報ください。
 E-mail:ajf.healthevent@gmail.com

出演者の横顔

☆モロラケ・オデトインボさん(Ms. Morolake Odetoyinbo)
西アフリカ・ナイジェリア連邦共和国/「治療アクセスへのポジティブ・アクション」(PATA)
2003年にHIV陽性者の若手リーダーとしてTICAD IIIに向けたシンポジウムに参加。その後、「治療アクセスへのポジティブ・アクション」(Positive Action for Treatment Access: PATA)を設立、同国のHIV陽性者運動の中心人物に。母子感染予防による出産も経験。世界エイズ・結核・マラリア対策基金理事会の「三大感染症の影響を受けるコミュニティ」代表団の理事を務めるなど、国際的 にも活躍中。

☆ルキア・コーネリアスさん(Ms. Rukia Cornelius)
南アフリカ共和国/ワールド・エイズ・キャンペーン
南アフリカ共和国のHIV陽性者などで作る治療アクセスのためのネットワーク「治療行動ネットワーク」(TAC)で活動して以降、南部アフリカを中心とするHIV/AIDSに関するキャンペーン・アドボカシー活動を実施。現在、国際的なエイズに関するキャンペーン団体「ワールド・エイズ・キャンペーン」のスタッフ。
南ア・ケープタウン在住。

☆オリーブ・ムンバさん(Ms. Olive Mumba)
タンザニア連合共和国(マラウイ国籍)/東アフリカ国家エイズ・サービス組織ネットワーク(EANNASO)
アフリカ東部のケニア・ウガンダ・タンザニアやアフリカの角諸国のHIV/AIDS関係組織で作るネットワーク「東アフリカ国家エイズ・サービス組織ネットワーク」(EANNASO)の事務局勤務。同地域のエイズ関連NGOの取りまとめと、東アフリカ共同体(EAC)をはじめ、各国の政府などに積極的に働きかけている。

☆ピーター・ピオットさん(Dr. Peter Piot)
英国(ベルギー国籍)/ロンドン大学熱帯医学校校長
国連合同エイズ計画(UNAIDS)の初代事務局長を長年務めた後、現職。2013年「野口英世アフリカ賞」を受賞。

☆稲場雅紀さん
日本/アフリカ日本協議会 2002年より国際保健部門ディレクターとしてアフリカと日本のエイズ・保健に関する市民社会運動をつなぐ役割を担っている。2009年より「動く→動かす」の事務局長。TICAD V NGOコンタクトグループの取りまとめ役としても日本の市民社会をリードする存在として活躍中。

当シンポジウムに関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903
当日緊急連絡先:090-5832-8336
E-mail:ajf.healthevent@gmail.com
担当:黒川美恵子

▲このページのTOPへ