Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFが開催するイベント・セミナーの案内、報告です。質問、関連情報などをAJF事務局に寄せていただけるとうれしいです


AJFの活動
テーマから探す:
事業から探す:
活動内容から探す:

世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金) 第3次増資会議向け 緊急シンポジウム
グローバル・エイズ危機は終わっていない
=エイズ・結核・マラリアと闘う世界基金に資金を:市民社会の取り組み=

追記:2010年9月13日 以下のファイルをダウンロードするとができます。

【企画概要】
【日 時】2010年9月4日(土)午後1時30分開場、2時開始(4時30分終了)
【場 所】お茶の水税経(株)貸会議室902号室・東京都千代田区神田小川町2-1-7日本地所第7ビル901号室
【地 図】http://www.ochanomizu.net/access.html
【行き方】都営地下鉄新宿線「小川町」駅(東京地下鉄丸ノ内線「淡路町」駅、千代田線「新御茶ノ水」駅)B7出口より徒歩2分(B7出口からすぐのビルです。入り口は脇道に入ったところにあります)
【参加費】500円
【言 語】日本語・英語(逐語通訳あり)
【申し込み】事前申込み必要です。末尾の「申し込み方法」を御覧ください。
【主催・問合わせ】(特活)アフリカ日本協議会
・担当:稲場・小川(国際保健部門)
・電話:03-3834-6902、FAX:03-3834-6903、メール:ajf.event@gmail.com

★現代世界で人類が直面する最大の問題の一つが「感染症」です。中でも、HIV/エイズは、80年代後半以降、サハラ以南アフリカをはじめ多くの途上国に拡大し、ここ十数年、人々の生活に極めて大きな影響を与えてきました。

★世界中でHIV/エイズの当事者・市民社会が「生きさせよ!」と声を上げた結果、2000年以降、国際社会は遅ればせながら、エイズとの闘いを本格的に進めています。「必要な人すべてに、HIV治療・予防・ケアを提供する(ユニバーサル・アクセス)」というのが、現在のエイズ対策の国際目標となっています。

★エイズとの闘いに資金を供給し、「ユニバーサル・アクセス」の実現のための原動力の一つとなっているのが、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(世界基金)です。世界基金は、2002年の設立以来これまで、世界中で280万人のエイズ治療、1億2000万回に及ぶHIV検査を実現し、多くの人々をエイズによる死から救ってきました。

=====================
◆パネリスト紹介
=====================

★キャロル・ニィレンダ氏(Ms. Carol Nyirenda)
・南部アフリカのザンビア共和国でHIV/AIDS・結核・マラリアに取り組む「結核・エイズ・マラリアへのコミュニティ・イニシアティブ」(CITAM+)のリーダー。世界基金理事会の「三大感染症の当事者・影響を受けたコミュニティ」議席の理事を務める。

★ヴィカス・アフジャ氏(Mr. Vikas Ahuja)
・インドのデリー・HIV陽性者ネットワーク(DNP+)代表。世界基金増資会議に向けて、世界基金からの資金により治療にアクセスしている人々が声を上げるキャンペーン「Here I am」(=私はここにいる)のアジア地域アンバサダー。

=====================
◆プログラム
=====================

★主催者あいさつ(14:00-14:05)
★第1部:私はここにいる=世界基金の必要性(14:05-15:15)
・なぜ世界基金が必要か:稲場雅紀(アフリカ日本協議会)
・「私はここにいる」:ヴィカス・アフジャ氏
・世界基金の当事者代表理事の経験から:キャロル・ニィレンダ氏 =休憩(15:15-15:25)

★第2部:分科会(15:25-16:00)交流を深める

★第3部:エイズとの闘いと日本への提言(16:00-16:25)
・アフジャ氏、ニィレンダ氏より日本への提言

★閉会の辞(16:25-16:30)

=====================
◆申し込み方法
=====================

★以下のリンクから参加申込フォームにアクセスし、申し込んでください。

◎「グローバル・エイズ危機は終わっていない」申し込みフォーム
http://ow.ly/2skEN http://ow.ly/2skEN%C2%A0

★もしくは、以下の参加申込票にご記入の上所定アドレスに送付下さい。

---------------------
◎9月4日シンポジウム申込票
(ajf.event@gmail.com まで)
---------------------
○お名前
○ご所属(あれば)
○ご連絡先メールアドレス
○ご関心領域(ご自由にお書きください)
○コメント(ご自由にお書きください)
---------------------

=====================
◆関連企画のお知らせ
=写真展「命をつなぐ」Access to Life=
=====================

★会期:2010年9月5日(日)〜22日(水)会期中無休

★開場時間:11:00〜19:00 最終日のみ18:00まで 入場無料 ★会場:有楽町朝日スクエア/ギャラリー(有楽町マリオン11階)
★主催:世界エイズ・結核・マラリア対策基金、(財)日本国際交流センター/世界基金支援日本委員会、マグナム・フォト、朝日新聞社
★後援:外務省、厚生労働省
★特別協賛:武田薬品工業株式会社、協賛:全日本空輸株式会社
★協力:動く→動かす/STAND UP TAKE ACTION, (特活)AIDS&Society研究会議/Project Ring、(財)エイズ予防財団、日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス(JaNP+)

写真展の詳細は、以下の展覧会サイトをご 参照下さい。 URL: http://www.magnumphotos.co.jp/inochi/index.html 世界基金の「命をつなぐ」公式サイト日本語版 まもなく公開 http://www.theglobalfund.org/html/accesstolife/en/

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.