Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

特定非営利活動法人 BHNテレコム支援協議会

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

BHNテレコム支援協議会について

                                                                      
基礎情報: 〒110-0005
東京都台東区上野5-24-11 NTT上野ビル
TEL: 03-6803-2110
FAX: 03-6803-2134
E-mail: bhntelecominfo@bhn.or.jp
URL: http://www.bhn.or.jp.official
FB: @bhnassociation
1992年9月11日設立
理事長:佐藤征紀
理事・事務局長:平川芳宏
会員制度:あり(法人会員66社・団体,個人会員392人)
事務局スタッフ:有給8名,無給7名
所属するネットワーク:ジャパン・プラットフォーム
シーズ市民活動を支える制度をつくる会 など
事業対象分野: 産業、エネルギー、情報通信、遠隔医療
事業形態: 開発事業、物資供給,緊急支援、啓発・研修
対象地域・国: ミャンマー、バングラデシュ、ネパール、インドネシア、マレーシア、ラオス、カンボジア、スリランカ、アフガニスタンなど
設立の経緯: 「電気通信が途上国の発展に不可欠である」とする1981年の国連決議を受けて、各国で先進国と発展途上国のICT格差を是正するための努力が始まった。このような背景のもと、1992年9月に情報通信機器及び技術を活用した国際協力NGOとしてBHNは設立され、チェルノブイリ原発被災者支援を皮切りに、国際協力活動を開始しました。
組織の目的: 世界中の誰もが、どんな環境においても、必要な情報にアクセスし発信することにより、安全・安心を守ることができる社会を目指します。
主な事業: ・バングラデシュ・ハティア島におけるコミュニティFM局の設置と人材育成による生活向上支援
・ミャンマー紛争被害者・少数民族支援
・ネパール大地震被災者初動支援
・BHN人材育成研修
主な協力団体:
(国名)
DUS
BNNRC
日本テレワーク協会
災害人道医療支援会(HuMA)
定期刊行物: ・Telecom CROSSROAD(年4回)
出版物: なし
インターン制度: あり
ボランティア募集: あり
イベント、セミナー: あり
スタディーツアー: なし
2015年度: 収入:185,602,672円
支出:184,921,929円(2015年度)
団体より一言: 「情報」も生活に欠かせない要素(ベーシック・ヒューマン・ニーズ:BHN)という考え方の元、コミュニティFMや同報システム、ソーラー発電システム、遠隔医療システムなどICTを活用した国際協力活動を行っています。
2017.4.5更新
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.