hglkj バオバブの会(The Baobab Association)
Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

バオバブの会(The Baobab Association)

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

バオバブの会(The Baobab Association)について

2008年9月19日更新

 
基礎情報: BAOBABのロゴ
〒240-0052
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町993-35
TEL:045-373-0059
FAX:045-373-0059
E-mail:hajmass@hotmail.com
HP:http://the-baobab.org
1999年設立
代表:エル・ハッジ・マサンバ ディウフ
会員制度:あり
事務局スタッフ(運営委員):5名前後
所属ネットワーク:YOKE NET、横浜NGO連絡会(YNN)
事業対象分野: 教育、フェアトレード
事業形態: 資金供給
対象地域・国: セネガル
設立の経緯: 代表者が故郷の村に里帰りしたとき、子ども達の教育環境の貧しさを痛感した。日本に帰国後、友人、知人に支援を求めた結果、資金が集まり、大きな援助をすることができた。これを契機に個人として1999年にバオバブの会を設立。2008年に活動を拡大・継続するために任意団体に移行。
組織の目的: アフリカ児童の教育支援。
アフリカの民主化の促進。
日本とアフリカ双方の国際理解の促進。
主な事業: ・教育支援
・フェアトレード
・文化交流(例:日本の運動会をセネガルに紹介)
主な協力団体:
(国名)
・AESEH (Amicale des Enseignants Souteneurs des Eleves Handicapes 障がい児を支援する教師の会)セネガル
・G.I.E Jigeen Nu Farlu (アフリカンプリントでバッグ、ポーチを制作する女性グループ)セネガル
定期刊行物: ・ニューズレター(年間5号程度発行)
出版物: なし
財務情報: 収入 2,939,039円 支出 1,557,262円(2016年度)
インターン制度: なし
ボランティア募集: あり(会長以下全員が無償のボランティアとして活動する小さなグループですが、イベント参加また開催時に、会員以外の方から、ボランティアスタッフを募集することはあります。)
イベント、セミナー: あーすフェスタ、NGOゴスペル広場のイベント、アフリカヘリティジ主催フェスティバル、横浜フェスタ他、多くのイベントに参加。会独自のイベント(福引き、チャリティライブ)も開催。
スタディーツアー: なし
団体より一言: 「教育はすべてを変える大きな力」をモットーに、セネガルの子どもたちの教育環境、教育活動を改善。その成果として就学率、成績、中学校進学率が向上。運営の自立を目指す計画(学校菜園、鶏小屋等)の支援も開始。
2018.2.20更新
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.