Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFが開催するイベント・セミナーの案内、報告です。質問、関連情報などをAJF事務局に寄せていただけるとうれしいです


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
テーマから探す:
事業から探す:
活動内容から探す:

「G8アフリカにおける食料安全保障及び栄養のためのニューアライアンス」に関するG7/G8諸国市民社会の要請
Statement on "G8 New Alliance for Food Security and Nutrition in Africa"

AJFは、アフリカについて考え機会を提供し、また、必要に応じた行動を呼びかけています。

「G8食料安全保障及び栄養のためのニュー・アライアンス」に関するNGO声明に、AJFとして賛同しました。
Jean Blaylock (UK Food Group)、Isabelle Brachet (Action Aid)、Nora Mc Keon (Terra Nuova/EuropAfrica)、Jeanne Maureen Jorand (CCFD)、Benjamin Luig (Misereor)名で呼びかけのあったこの声明は、ニュー・アライアンスに関わる取り組みが、情報開示が不十分なため実施状況の検証ができないまま進行していること、その一方で、ブルキナファソからの報告によれば大規模な灌漑再整備の恩恵を受ける土地のうち小規模農民の土地は22%にすぎず主としてアグリビジネスの活動に寄与している、マラウイでは食料安全保障に寄与すると喧伝される多国籍企業によるタバコ耕作拡大を支える政策協定によって国連食料への権利特別報告者が勧告する農業労働者や契約栽培者の権利保護のためのTenancy Labour Bill制定が無視されている、また、タンザニア・モザンビークでは農民同士の種子交換を犯罪として処罰する法律が制定されてようとしているといった事態に対してニューアライアンスは小規模農民の権利擁護につながっていないこと、を問題にしています。
以下、AJFによる仮訳と英語原文です。

ニューアライアンスに進展?
小規模食料生産者支援につながらず

「G8アフリカにおける食料安全保障及び栄養のためのニューアライアンス」に関するG7/G8諸国市民社会の要請(仮訳)


 G8食料安全保障及び栄養のためのニューアライアンスの開始から2年以上が経過し、私たちが目のあたりにするこのアライアンスの「進展」は、このアライアンスによってアフリカにおける食料安全保障・栄養そして食料への権利の具現化が脅かされるという予想を裏付けるものとなっている。最初の現場での調査によって、開発を語る言辞とその結果とが大きく食い違っていることがうかがわれる。ニューアライアンスがアフリカの人々を貧困から救い出しているという兆しはうかがえないが(1)、「民間セクターの力を解放する(2)」という約束は目に見えて実現されつつある。ニューアライアンスは、ことばの上ではアフリカ総合農業開発プログラム(The Comprehensive Africa Agriculture Development Program:CAADP)に言及しているものの、CAADPが目標としている小規模食料生産者に裨益するプロセスや内容が重視されていないことは明白だ。

 2012年、米国キャンプ・デービッドでこのニューアライアンスが、正式に立ちあがった時、このイニシアティブは本質的に、民間企業が自らの利益になるように農業政策に影響を及ぼすことを可能にするものであることは、すぐさま明らかになった。ニューアライアンスは、アフリカ諸国の政府に大企業が農業に投資しやすくなるように、また実際に農業投資の多くを担っている人々、とりわけ小規模生産者を差別するように、国内政策を改変することを迫っている。

 そうした法律および政策の大きな変更は、小規模農民による土地と種子の管理を脅かし、地域の市場を周辺化し、生物多様性そして土壌の肥沃さを失わせ、地域共同体の生活に損害を与える。これらの変更は、小規模農民が将来の気候変動および経済変動に対応する抵抗力を高めることにつながるのではなく、気候変動および経済変動の影響を悪化させることになる。国民的な議論を経ないで行われる法律・政策の変更によって民主主義体制が損なわれる。

 援助国や企業の注目地域、実施地域について、ニューアライアンスの「進捗報告2013-14」がサマリー程度しか報告していないことに明らかな、ニューアライアンスの不透明性によって、市民社会がニューアライアンスの実施に関する全体像を把握することは非常に困難である(3)。しかし、最初の具体的ないくつかの事例は、ニューアライアンスが小規模農民を支援するのに有効なツールとして機能しているとはとてもいえないことをうかがわせる。たとえば、以下の通りである。

  • ブルキナファソでは、バグレ成長促進プロジェクトで開発および再開発が進められている灌漑地の利用は多くが大規模アグリビジネスに割り当てられており、わずか22%(2,790ha)が小規模耕作向けとなっている。これらの小規模耕作農民は、通常1?4haしか土地を供与されず、また土地を拡大する機会は殆どない(4)。
  • マラウイでは、多国籍企業のタバコ耕作拡大への投資が食料安全保障に寄与するものと謳われており、アグリビジネスが利用する20万haの土地へのアクセス改善が実施されたが(5)、協力枠組み協定によって小作地の最小規模や農業労働者の権利を保護する基本的な仕組みとなる小作労働法(Tenancy Labour Bill)制定の必要性は無視されている(6)。
  • タンザニアとモザンビークでは、将来、農民同士の種子の交換を犯罪とする法律が制定されてようとしている。ガーナ、マラウイといった国々でも、同様のプロセスが始まっている(7)。

 この証拠は、ニューアライアンスは、本当にアフリカにおける食料安全保障と栄養に対して寄与する可能性を持つ小規模農民たちの多様で持続可能な食料システムを軽視しているという、我々の分析を裏付けている。

 そこで、我々はG8諸国にニューアライアンスに対する関わりを見直し、以下の取り組みを行うことを求める。

  1. 大規模な土地への投資を容易にし、小規模農民の種子を保存し交換し販売する能力を阻害するあらゆる法律、政策の変更を中止すること
  2. ニューアライアンスの拡大を中止すること。これ以上、協力枠組み協定を結ぶべきではない。
  3. 既存のプロジェクトおよび政策改革指標を、最も影響を受ける人びとが実質的に関与しているのかという点で見直し、食料への権利および女性と地域の法に裏付けられた(土地)保有権を強化することにつながらない、あるいはビジネス上の利益を危機に直面している人々や環境よりも重視するプロジェクトから撤退すること。
  4. ニューアライアンスがもたらす影響について法に裏付けられた公共の場での議論とアセスメントが可能なるように、ニューアライアンスに参加する企業の企画書を速やかに公開すること。
  5. 世界食料安全保障委員会が提唱するように、アフリカにおける食料安全保障及び栄養に関わるこれからの戦略とプロジェクトにおいて、女性、小規模農民、周辺化されてきたグループを中心に置き、小規模生産者自身の投資を支援すること。
  6. アグロエコロジーに関わる参加型調査、農民のピアネットワークを通じたエコロジカルな農法の普及、エコロジカルな農法実践について農民に助言する指導員の能力向上を通して、小規模農民たちがアグロエコロジーに基づく取り組みによって強靭性を強化することを支援すること。

Progress in the New Alliance? Not in support of small-scale food producers

Call of G7/G8 Civil Society Organizations to their Governments on the New Alliance for Food Security and Nutrition in Africa


More than two years after the launch of the G8 New Alliance for Food Security and Nutrition, what we have seen of its 'progress' does not change our assessment that the New Alliance actually undermines food security, nutrition and the progressive realization of the right to food in Africa. First on-the-ground research suggests a dramatic gap between development rhetoric and impacts. There is no sign that the New Alliance is lifting African people out of poverty(1), but the promise to "unleash the power of the private sector"(2) is very visibly being fulfilled. Although the New Alliance rhetorically refers to the Comprehensive Africa Agriculture Development Program (CAADP), we clearly see that the processes and components of CAADP targeted to the benefits small-scale food producers are sidelined.

When the New Alliance was inaugurated in the US in Camp David in 2012, it immediately became obvious that this initiative essentially served to enable private corporations to influence agricultural policy to advance their own interests. It is pressuring African governments to adopt domestic policy reforms that will facilitate large corporations' investments in agriculture and discriminate against those who actually make the bulk of the investments, namely small-scale producers themselves.

Such profound legislative and policy changes threaten small-scale farmers control over land and seeds, marginalize local markets and cause loss of biodiversity and soil fertility, to the detriment of the livelihoods of local communities. They will exacerbate future climate and economic shocks for small-scale farmers, instead of building their resilience to cope with such shocks. They are being made without national debate, thereby undermining democratic structures.

Lack of transparency in the New Alliance - where donor and corporate commitments and implementation are, as in the Progress Report 2013-14, only reported at summary level - makes it extremely difficult for civil society to get a full picture of the New Alliance implementation.(3)

However, first concrete cases indicate that the New Alliance is far from serving as an effective tool to support small-scale farmers. For instance:

  • In Burkina Faso the commitment to develop and rehabilitate irrigated land in the Bagre Growth Pole Project is mostly reserved for large-scale agribusiness investors, with only 22% (2790ha) of the land available for small-scale farming. Usually these farmers are only granted 1 to 4 ha of land with hardly any opportunity to scale up.(4)
  • In Malawi, the enlargement of tobacco investments by multinational companies is presented as a contribution to food security and the commitment to improve access to land has been implemented by making 200.000 ha of land available to agribusiness;(5) meanwhile the need to adopt the Tenancy Labour Bill as a core instrument to ensure minimum tenants and worker's rights have been ignored in the cooperation framework agreement.(6)
  • In Tanzania and Mozambique, new seed laws are going to be introduced that will criminalize farmer to farmer seed exchange in the future. In other countries, such as Ghana and Malawi, similar processes are under way.(7)

This evidence supports our analysis that the New Alliance sidelines the diverse and sustainable food systems of small-scale farmers which offer the real potential for food security and nutrition in Africa. Instead, it promotes environmentally damaging approaches to agriculture that entrench corporate power.

We therefore urge you to review your engagement in the New Alliance, and take the following steps:

  1. Stop any legal and policy changes that facilitate large-scale land investments and that impede small-scale farmers ability to save, exchange and sell their seeds.
  2. Stop any further expansion of the New Alliance. No further cooperation framework agreements should be developed.
  3. Review existing projects and policy reform indicators with the meaningful involvement of the populations most affected, and withdraw from those that fail to promote the right to food and the legitimate tenure rights of women and communities, or that prioritize business interests over vulnerable people and the environment.
  4. Make the letters of intent of the companies participating in the New Alliance public immediately in order to enable a legitimate public debate about likely impacts and assessment of the New Alliance.
  5. Support small-scale producers’ own investments as advised by the Committee on World Food Security, by putting women, small-scale farmers and other marginalised groups at the center of any future strategy and project for food security and nutrition in Africa; making sure that human rights and environmental impact assessments are carried out to ensure that projects only move forward if they are found not to have negative impacts on human rights and the environment.
  6. Support adoption of agroecological practices by small-scale farmers to build resilience through: participatory research in agroecology; dissemination of ecological farming knowledge via farmer-to-farmer networks; and capacity-building of extension services to advise farmers on how to practice ecological farming.

September 19, 2014


(1) Feed the Future, 2012: Five Questions about the New Alliance for Food Security and Nutrition, http://feedthefuture.gov/article/five-questions-about-new-alliance-food-security-and-nutrition

(2) Cameron, David, 2012: "A G8 Meeting that goes back to first principles", http://www.euobserver.com/opinion/118265

(3) G8 New Alliance for Food Security and Nutrition, Progress Report 2013-14, http://new-alliance.org/sites/default/files/resources/072814_NewAlliance_FinalC_508.pdf

(4) Oxfam 2014, For Whose Benefit? The G8 New Alliance for Food Security and Nutrition in Burkina Faso. http://www.oxfam.org/en/grow/policy/whose-benefit

(5) Government of Malawi, G8 New Alliance for Food Security and Nutrition: Malawi: 2014 Annual Progress Report.

(6) De Schutter, Olivier, 2013: Mandate of the Special Rapporteur on the Right to Food. Mission to Malawi from 12 to 22 July 2013, End of Mission Statement. http://www.srfood.org/images/stories/pdf/officialreports/20130722_Malawi_en.pdf

(7) See for instance: Tanzanian Civil Society Statement on Farmer's Rights 22 March 2013, http://www.ip-watch.org/weblog/wp-content/uploads/2013/03/UPOV-Tanzania-CSO-Statement-1.pdf ; see also: African Center for Biosafety, 2013, Slavishly following UPOV 1991. A critique of Mozambique's Plant Variety Protection Law, http://www.acbio.org.za/index.php/publications/seedfood-sovereignty/459-slavishly-following-upov-1991


SIGNATORIES

GERMANY
   Misereor
   Pesticide Action Network
   FIAN Germany
   INKOTA-Netzwerk
   Agrar Koordination
   Global Policy Forum
   Seeds Action Network
   Germanwatch
   German NGO Forum Environment & Development
   Brot fur die Welt - Evangelischer Entwicklungsdienst

UK
   UK Food Group
   The permaculture association
   World Development Movement
   Find Your Feet
   Farms Not Factories
   War on Want
   FIAN group UK
   Concern Universal
   Pesticide Action Network
   Send a Cow

ITALY
   Terra Nuova
   FIRAB (Fondazione Italiana per la RIcerca in Agricoltura Biologica e Biodinamica)
   Crocevia
   Con.Pro.Bio
   SOLIDARIETA' E COOPERAZIONE CIPSI.
   Comitato Italiano per la Sovranita Alimentare
   La Gabbianella Coordinamento per il Sostegno a distanza onlus
   CEFA - Il seme della solidarieta
   SOLIDAUNIA ONLUS-LA DAUNIA PER IL MONDO
   Centro Mondialita Sviluppo Reciproco (CMSR)
   Forum Permanente delle Associazioni di sostegno a distanza (ForumSad)
   CNCA
   M.A.I.S
   COSPE
   ACU-Associazione Consumatori Utenti
   Focsiv
   Rete Cibopertutti -Kumida
   COCIS - Coordinamento delle Organizzazioni non governative per la Cooperazione
   Internazionale allo Sviluppo
   Fondazione Slow Food per la Biodiversita Onlus
   FORUM DEL TERZO SETTORE DEL LAZIO E RETE DELLE FATTORIE SOCIALI

FRANCE
   CCFD-Terre Solidaire
   Action contre la faim France
   Peuples Solidaires - Action Aid France
   Avocats et veterinaires sans frontieres (AVSF)
   Survie
   Collectif pour la defense des terres malgaches - TANY
   Artisans du monde - France
   Centre de Recherches et d'Appui pour les Alternatives de Developpement - Ocean
   Indien
   Solidarite
   FIAN France

USA
   Oakland Institute
   Institute for Agriculture and Trade Policy
   Maryknoll Office for Global Concerns
   PLANT
   The Second Chance Fd
   Global Policy Forum
   Food First
   CAGJ
   CANADA Union Paysanne
   National Farmers Union

JAPAN
   Africa Japan Forum
   No to land grab
   GCAP Japan
   Japan International Volunteer Center (JVC)
   Mura-Machi Net", Network between Village and Town"

EU
   EuropAfrica
   Corporate Europe Observatory
   Africa Europe Faith & Justice Network

NETHERLANDS
   Transnational Institute

AUSTRIA
   FIAN Austria
   Arche Noa

BELGIUM
   Entraide et Fraternite
   Broederlijk Delen
   Pan-Africanist International
   SOS Faim
   FIAN Belgium
   CNCD-11.11.11

NORWAY
   FIAN Norway

SWEDEN
   FIAN Sweden
   Afrikagrupperna

SWITZERLAND
   Fastenopfer

PORTUGAL
   FEC - Fundacao Fe e Cooperacao
   AIDGLOBAL - Action and Integration for Global Development
   FUNDACAO GONCALO DA SILVEIRA

SPAIN
   Manos Unidas

INTERNATIONAL
   ActionAid International
   Greenpeace international
   FIMARC
   FIAN International
   CIDSE
   ACF International

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.